イラスト・題字は、 前波(まえば)つや子さんの友人で書アーチストの岡林里依さんに制作をお願いしたものです
明けましておめでとうございます
  交野市議会議員 前波つや子
  昨年も皆様には大変お世話になりました。
お陰様で大過なく過ごすことが出来ました。ありがとうございました。
今年は平成30年と区切りの年でもありますが、来年の四月には平成天皇もご退位され、年号が変わり、一つの時代が終わるのかな?と、ちょっぴり淋しさも覚えます。
本年は、本市に取りまして、進むべき方向が決まる、市長選挙が9月に行われます。翌年(平成31年)4月には大阪府議会選挙があり、さらに、9月には交野市議会議員選挙が予定されています。
果たしてどなたが着任されるか分かりませんが、有権者である皆様の生活にかかわってきます。
この3年間で交野市も変わったように思われます。
個々の思いはあっても、市民にとって、市にとって何が大事で、どうすれば良いのかという事を忘れず、大所高所から考えて、交野市の将来を任せられる人を選びたいものです。
議員と言う立場に立たせて頂いて早18年4カ月。残りの1年8カ月で私も大きな節目を迎えますが、自分の歩みを振り返りつつ、更に精進して参りたいと思っています。
本年も昨年同様のご支援をお願い申し上げます

恭賀新年
前波つや子後援会会長 山口 博之
新たな年を迎え、本年もみなさまにとって幸せな年となるように祈願いたします。
さて平成の最後の年となり政治・経済・社会が大きく変化した平成時代でした。今年、交野市では市長選挙が行われます。市民が首長を直接選ぶための重要な選挙です。
 首長といえば、昨年、国内外で首長の資質が問われたことが多くありました。首長に求められる資質とは何でしょう? 正しい知識が豊富にあり、市民全体にプラスになる意見・主張を持ち、様々な意見を聞き、様々な意見を聞き、冷静に議論できるという資質。完璧な人材ではなくても、それに近い候補者を選択することが必要です。自己顕示欲が強く、自己や特定の集団を優先にするような候補者を選択することがないようにしなければなりません。
 選挙で選ばれる市長は、前波さんをはじめとする市議会議員のみなさんと議論を重ね、円滑に合意形成できる良い意味でのリーダーシップの資質が望まれます。そのために、しっかりと候補者を見極めることが市民の責務となります。
ここ交野市への前波さんの願いと活動が実を結ぶように、本年もご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。